最近読んだものとか 2019/04/03

最近読んだものとか 2019-04-03

今回も読んだり遊んだりしたマンガ、小説、ゲームの中から単にオススメしたい作品をご紹介します! 遊んでるものも含んでたりするんだけど、もうちょっと融通の効く表題にした方がいいかな?

もくじ

百合色の日々

百合色の日々百合寄りのレズ漫画作品集。
明るく楽しく女の子が百合百合している作品よりも、関係性の破綻などを描いた若干暗かったり、不穏な収録作品が多いのが特徴。

絡みは比較的長尺で、ペ○スに相当するものが一切出てこない。絡み合う女体を堪能したい人にオススメ。

収録作の一つ「友達の終わり方」は友達に無理矢理肉体関係を迫るレズレ○プという図式になっており、嫌がる相手を組み伏せ、互いの粘膜をこすり合わせながら、快楽でトロトロに追い込んでいく描写がとてもよかった。

DLsite FANZA

Magical Girl Bad End A2α

Magical Girl Bad End A2α魔物を駆逐すべく闇夜に舞う聖少女たちの活躍と悲惨な末路を描くノベルシリーズ第6弾。

自信満々の変身ヒロインが油断から無様に敗北し、敵の姦計によって取り返しのつかない快楽地獄へ叩き落されていく様を濃密に描いた作品。
主な趣向はレズ凌辱、ふたなり化、変身解除など。

シリーズ作品だが、前後編で分かれている作品を除いて各作品間ストーリーの繋がりはなく、本作A2αも特に他のシリーズを知らなくても楽しむことができる。

DLsite Ci-en

ALIENQUEST EVE v0.13

ALIENQUEST EVE v0.13

エイリアンひしめく宇宙船を舞台にしたHな探索型アクション。探索によって新たな能力を獲得しながら、探索範囲を広げていく。

特徴的な仕組みとしてHPがなくなった場合の「RESURRECT(復活)」がある。これを使うとその場で即時復活できるが、代償として最大HPを失われる。

後から取り戻す手段はない?(未確認)ので、あまりに頼り過ぎると極端にHPが減ってしまい復帰が難しくなるので注意が必要。また、レベルアップによるステータス割り振りなどもできるので、戦いが厳しいと思ったらレベリングしたり、より強力な武器を探してみるのも良い。

作品一覧(DLsite) 作品一覧(FANZA) 公式サイト Patreon

彼女たちの戦い

TRPGヒロインクライシスのリプレイを小説化した連載作品。魔法少女たちが魔物と戦ってヒロピンするというのはもちろんのこと、異種姦、妊娠/出産系の趣向に寄った内容が中心。

簡潔な書き口で読みやすく、全体的にシリアスな描写に徹して、魔法少女達の苦悦に満ちた戦いを描き出している。もしもあそこで負けていたら……という「敗北IF」が添えられているのも嬉しいところ。

「彼女たちの…」シリーズ Pixiv

あとがき

最近は「単一作品ごと短く記事にした方が良いかな?」とも思っているんですが、一つの記事の場合は長く書く癖がついてしまっていて中々脱却できていません。
個人的な感覚として、紹介記事の場合はあまり長く書くことにそれほど意味はなくて「なんだったら短いほど良い」くらいに考えているのですが、記事を読んでいる方的にはどうなんでしょうね?

さて、今回も大体いつもの私の趣向が強く出た紹介となりました。
「百合色の日々」を読んでいたあたりは、インフルエンザで朦朧としていて「絡みが長尺なのは熱のせいか」とも思ってたんですが、読み返したらそんなことはありませんでした。綺麗な百合作品のように見えてガッツリエロエロなので、女体同士がいやらしく絡まる様がお好きならオススメです。

「彼女たちの戦い」は偶然、作者のt-bako様がTwitterにサキュバスネストのファンアートを掲載して下さったことから知りハマった作品です。その他、二次創作として住吉さんにフォーカスした住吉さん陵辱詰めなども書いていただいているので、「彼女たちの戦い」がお気に召した方はそちらも読んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. KWTさんの文って、長いのも短いのも要点を抑えていて読みやすく、
    特にこの記事みたいな紹介文はどこにハマったか、誰向けなのかがわかりやすくて、とても好きです。

    ついでに作品ページや公式サイトへのリンクまであって、めちゃめちゃ重宝させてもらってます!

    ありがとうございます。普段、短く簡潔にする作業にもそれなりに時間を割いているので、そう言っていただけるとありがたいです。
    公式サイトへのリンクは主要な販売サイトさんで掲載されなくなっちゃいましたから、積極的に載せていきたいですね。

  2. KWTさんの文って、長いのも短いのも要点を抑えていて読みやすく、
    特にこの記事みたいな紹介文はどこにハマったか、誰向けなのかがわかりやすくて、とても好きです。

    ついでに作品ページや公式サイトへのリンクまであって、めちゃめちゃ重宝させてもらってます!