flowerwitch

flowerwitch

ミシン工場様より、花の魔女ナコの冒険を描いた、けもみみ、百合・レズ、異種姦、ふたなり一杯の探索アクション「flowerwitch」をご紹介します。

もくじ

ふたなり多めのHACT

森の異変の原因となった白い花。その花粉はモンスター達を欲情させ、その体をフタナリに変えてしまいます。

そのため、本作に登場するモンスター娘は、その多くがフタナリっ娘。結果、森の中ではモンスター娘達その辺りで乳繰り合い、盛り合う淫靡な光景が広がっています。


ふたなりの花粉の影響は、主人公のナコにだって例外ではありません。
ふたなり状態では魔法が使えないので、早めに処理して、解除するのが良いでしょう。

自分の手でしても良いですし、弱っているモンスター娘を使うこともできます。

アクション難易度は高め

本作はHACTとしては難易度が高い方です。
必要ボタン数が多いのもありますが、本作固有の仕様への理解も必要で、総合的に難しく感じそうです。

とくに魔力管理が疎かだと、とっさに攻撃/回避が出なかったり、ダウン→拘束で大ダメージの危険があります。


とはいえ、本作には3種類の難易度が用意されているため、ある程度好みに合わせた難易度で遊べます。
※ ゲーム中何度でも難易度変更可能

また、探索による能力上昇や、新しい魔法の入手、杖のトレジャーハンティングなどの成長要素も備えています。

例えボス戦で行き詰っても、探索して力をつけるなど、プレイヤースキル以外の部分で補う余地があります。根気強く挑めるなら、活路は開けるでしょう。
公式のCi-enでも攻略に役立つ情報が紹介されていますので、こちらをチェックするのも良いと思います。

あとがき

以前体験版の時点でご紹介したflowerwitchが、満を持して発売となりましたので改めてご紹介しました。

体験版範囲内では「比較的、順路がわかりやすい」と書きましたが、やはり序盤を抜けると行動範囲は大きく広がりを見せます。
探索で獲得できる「新たな魔法」も相まって、前作以上に探索しがいがあります。反面、迷子になっちゃう部分もありますが、全体を通して充実したボリュームの作品となっています。

Hなゲーム界隈では「Hシーンが主要コンテンツ」なので、その障害は温めに作られる傾向があります。そのため最低難易度でも、しっかりした動きが求められる本作は「Hなゲームとしては難易度高め」と少し強調しました。

逆に言えば、数少ないゲームとしてやりごたえのある作品なので、攻略しがいのあるゲームが好きな人にとっては朗報でしょう。私も最高難易度で遊んで、ラスボスで50回くらい負けて心折れたヘタレですが、いずれリベンジしたいと思います。


※ 役に立つかはわかりませんが、私が苦戦したボスの攻略情報を少しだけ載せておきます。

屍使いニェコ 攻略(ネタバレ注意)
動きは鈍いが「鉄の処女」の召喚、被ダメージで「火の玉」をまき散らす。その上「火の玉」が一定数以上で発動する「近接カウンター」が厄介な難敵。
基本、召喚される雑魚を倒してもキリがないので、ニェコの撃破を優先して戦う。

1.近接カウンター対策

「火の玉」が一定数溜まったら、遠距離からニェコを攻撃。
「近接カウンター」を空振りさせて、「火の玉」を消しておく。
カウンター発動に必要な「火の玉」はニェコの残りHPに応じて低くなる。

2.鉄の処女はなるべく放置

「鉄の処女」は呼び出せる数が決まっており、近づかなければ無外なので、邪魔な位置にない限りは放置したい。壊すとすぐに再召喚され、プレイヤー位置に降ってくる。下手に壊していると逆に大変になる。

ラスボス 攻略(ネタバレ注意)
ボス本体より周りの敵が厄介なタイプの敵。
「花の妖精」を倒しても連戦が控えているので、実は前哨戦。

1.「花の妖精」が出てこない第一段階

「若葉の精霊」は有限なので、この段階で2体倒しておく。
足場の花は攻撃を当てると萎むが、時間経過で復活する。
萎んでいる最中でも判定があり、萎んでて欲しい時は適度に殴ってもいい。

上部の花を撃破すると、落ちて「這いずる花」へと変化。
「花の妖精」が姿を現す。

2.雑魚で回復アイテム稼ぎ

「花の妖精」が現れても「お楽しみ」を邪魔しない限りは襲ってこない。
この間に雑魚を倒せば、無制限に回復アイテムを稼げる。とくに「這いずる花」は低確率でミカンをドロップする。

3.「花の妖精」序盤

「這いずる花」の位置を把握しながら、「花の妖精」を殴るか魔法で攻撃。
「花の妖精」は被ダメージで逃げるが、大体はプレイヤーから遠い花に移動する。
一定値ダメージを与えると挙動が変化する。

4.「花の妖精」後半

蕾を伸ばして行動範囲を阻害しつつ、ボス本体近くの花から射撃してくる。
運が悪いと避けるのが困難になるので、射撃体勢に入る前に攻撃したい。
HPはそう多くないので、なるべく素早く倒してしまいたい。

ここでダメージを受け過ぎるようなら、2で回復アイテムを貯めておく。

5.最後の戦い

完封できそうで意外に被弾してしまうので、HP全快で挑みたい。
火は上から降ってくるので、下の方に陣取って上に撃つ方がやや安全。


販売サイト

公式サイト

ミシン工場

Ci-en

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。