最近読んだものとか 2020/07/20

最近読んだものとか 2020/07/20

毎度恒例ですが、今回も最近読んだマンガやオススメしたいものをご紹介!

恍惚の騎士エルフィナ

恍惚の騎士エルフィナ主君と民のため、オナペットとなったロリエルフ騎士が、堕とされていくH漫画シリーズ。全4作で完結。

ヒロインの意に反した状況だが、悲壮さとは無縁の内容が特徴。エルフの里も滅びないし、誰も不幸にならない。
ちっぱいロリエルフの快楽調教に主眼をおいた、ストイックな作品。

DLsite FANZA

誰も起きてはならぬ

誰も起きてはならぬ寝ているフリを続けなければ、全員停学!? 退学!? 誰も起きてはならぬ状況の中、変態教師による“徹底指導”が行われる凌辱H漫画。

前後編では、幼気な少女あかねがメインターゲット。彼女には両想いの男子がいるため、NTR成分も若干含む。
続きがあるなら、“指導”は女子全員に波及しそうな流れで幕引きとなる。

FANZA

痴漢電車

痴漢電車痴漢集団に目をつけられたJKヒロインが、好き放題されるH漫画。

サークルの趣向もあって、着衣での快楽責めが充実。ホテルに連れ込んで本番Hという展開もあるが、全体の割合としては少ない。
ヒロインは同サークルの乳首当てゲームLoveHotelと同一の娘。

DLsite FANZA

黒いキャリバー「風よ 応えて」

黒いキャリバー「風よ 応えて」ソウルキャリバーシリーズに登場する、最後の巫女「タリム」の敗北と堕落を描く、二次創作H漫画。

脱出の機会をうかがうため、恥辱に濡れ、次第に快楽に溺れていくヒロインが哀れで可愛い。

導入部の時系列が複雑で、わかりづらい点や、若干のふたなり要素に注意。

DLsite FANZA

あとがき

今回は凌辱系を中心にしつつ、細部の趣向は中々バラけたように思います。

ピックアップするなら「誰も起きてはならぬ」でしょうか。「修学旅行中、女子部屋で秘密の宴会」という定番の舞台に、「罪悪感」「退学処分」という心理的な枷を使った「抵抗してはいけない」シチュエーション作りが秀逸でした。
状況も整っているので、続編があれば期待したいところ!

また、執筆時点では、恍惚の騎士エルフィナが90%OFFと大変お買い得です。
興味のある方は、早めにチェックしておくと幸せになれるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. 着衣での快楽責めが充実。と痴漢という内容に惹かれて購入、確かにペッティング重視でどのページもじっくりと読めました、もう何度も見返すお気に入り本確定ですよありがとうございます(__)何か久しぶりに40ページをゆっくり読んだなぁ(笑)中盤から登場する女性の巧みな手つきをメインで期待するのは贅沢でしょうか…(T-T)でも良かった、自分のジャンルに複数ヒットしてかつ画風も好みだったので久々にはりきってしまった、痴漢のジャンルは過去にSilveredsteelさんのサウンドノベルを読ませていただいて以来虜になっていますのでこれからも推しの痴漢ジャンルがあればまた食い付いてくるかもです(笑)今回もありがとうございました(__)

    気に入っていただけたようで良かったです。中盤の省略部分が詳しく欲しくなるのは解りますw
    このサークルさんは、他作品でも大体同じ作風だったような気がしますね。

    Silveredsteelさんは名前を憶えてなかったんですが、フリーゲームのmasherはかなり前に遊んだことがありました。続編の存在をはじめて知ったので、また時間があれば遊んでみたいですね。

  2. 着衣での快楽責めが充実。と痴漢という内容に惹かれて購入、確かにペッティング重視でどのページもじっくりと読めました、もう何度も見返すお気に入り本確定ですよありがとうございます(__)何か久しぶりに40ページをゆっくり読んだなぁ(笑)中盤から登場する女性の巧みな手つきをメインで期待するのは贅沢でしょうか…(T-T)でも良かった、自分のジャンルに複数ヒットしてかつ画風も好みだったので久々にはりきってしまった、痴漢のジャンルは過去にSilveredsteelさんのサウンドノベルを読ませていただいて以来虜になっていますのでこれからも推しの痴漢ジャンルがあればまた食い付いてくるかもです(笑)今回もありがとうございました(__)

  3. 黒いキャリバーの同人RPG感が大好きでした(・ω・)

    脱出する機会を伺いつつ行為を耐え続けた結果、
    行為が脱出より優先度が高くなる感じがたまりません。
    よく同人RPGで悪い顔しながら隙だらけなのに、
    絶対に脱出しようとしない私のプレイスタイルが見えるようです(・x・)

    痴漢電車も大の好きな作品なのですが、
    やはり私は車内で終わってほしいフレンズなので、
    ホテルに行ってしまうとより強い刺激を求めてしまい・・・

    用法容量を守らないとどの好きなジャンルも劇物になりかねず、
    新しい扉を開きそうで自分の天井なしなKEN☆ZEN欲求には、
    たまに冷や汗をかいてしまいます(・ω・)

    言われてみれば、同人HRPGで良くあるヤツですね。今回は悪い顔したプレイヤーのせいで、脱出できなかったのかもしれませんね。
    ソウルエッジってそういうやつだっけ? と思いつつも、責められる方のフタナリが少しあるのも、好きポイントです。

    痴漢電車はたしかにホテルでの描写が、オチへの通過点な感じはあったかもですねー。
    サークルさんの傾向的に、ガッツリ本番描写はなさそうと分かっていましたが、そういう期待感は出てくるのかもです。

  4. 黒いキャリバーの同人RPG感が大好きでした(・ω・)

    脱出する機会を伺いつつ行為を耐え続けた結果、
    行為が脱出より優先度が高くなる感じがたまりません。
    よく同人RPGで悪い顔しながら隙だらけなのに、
    絶対に脱出しようとしない私のプレイスタイルが見えるようです(・x・)

    痴漢電車も大の好きな作品なのですが、
    やはり私は車内で終わってほしいフレンズなので、
    ホテルに行ってしまうとより強い刺激を求めてしまい・・・

    用法容量を守らないとどの好きなジャンルも劇物になりかねず、
    新しい扉を開きそうで自分の天井なしなKEN☆ZEN欲求には、
    たまに冷や汗をかいてしまいます(・ω・)