Orika

Orika

レイジングテール様より、監禁凌辱と本格バトルにこだわったHRPG「Orika」をご紹介します。

ゲーム概要

Orika人と魔族が争う混沌の世界。
魔族の侵攻が激化する中、人々は各地のギルドを中心に、その脅威に対抗していた。

憧れの先輩を追うように、冒険者となった少女オリカ。

「困っている人を助けたい」と願う彼女もまた、戦いの渦中へと、身を投じる運命にあった。

Orika本作はクエストクリアで、進行する監禁凌辱HRPG。

乙女の町「アストレイア」を拠点に、ギルドから請けるメインクエストでストーリー進行。
主人公オリカの「はじまりの冒険」が描かれていく。

探索、戦闘、監禁調教Hに重点を置いた内容で、ストーリー色はあまり強くない印象。

監禁調教特化なHシーン

Orika特定ダンジョンで敗北すると、オリカはダンジョン奥深くに囚われ、監禁調教に晒される。

調教は連日にわたって行われ、1ダンジョンあたり十数回と、ボリュームが割かれている。

脱出機会は何度かあるものの、準備を怠ればその機会も減少。調教の日々が続く。

Orika調教が最後まで進行すると、オリカは抵抗を諦め、敵に服従。

そこでゲームオーバー……とはならず、服従後はメス奴隷として自由に出入り可能。脱出できずに詰む心配はない。

また、服従後もおねだりしに行くことができ、堕ちた後の差分もしっかり完備されている。

OrikaHシーンの傾向としては、シチュエーションはハード。

しかし、ヒロインのオリカが若干ぽわぽわした性格なのもあってか、陰惨なイメージは幾分か軽減されている。

「ガチ凌辱」好きな鬼畜紳士には物足りないだろう。だが、少し温めな凌辱モノが好みなら、響く内容かもしれない。

本格的な探索と戦闘

Orika本作の戦闘に関わる、システムやバランスは本格的な作り。

一部のボス、シンボル敵などが相応に手ごわく、強敵相手にはゴリ押しが効きづらい、絶妙のバランスとなっている。

装備によってスキル、パッシブなども細かく変化するため。敵に合わせて、都度装備を切り替えて行くのがキモとなる。

Orikaとはいえ、進行に関連するボスについては、抑え気味。

進行上、撃破必須ではないユニークボスでこそ、本作の戦闘の醍醐味を堪能できる。

ユニークボスからは強力な装備も獲得できるので、やり込み好きな人は、是非ともチャレンジしてみて欲しい。

Orikaマップも作り込まれている本作だが、HRPGとしては、若干広く、探索比重が大きい。

ほどほどの敵シンボル、細かいショートカットなどの配慮も十分だが、一般RPG程度の探索は必要になる。

そのため、Hシーンのみを目当てにする場合は、大変に感じるだろう。

あとがき

10日発売を控えた予告作品ですが、監禁凌辱特化なHシーンや、戦闘バランスの良さなどに惹かれて、ご紹介させていただきました。

「バランスが良い」と一概に言っても様々ですが、本作は特にユニークボスのバランスが良く、あれこれ対策を考えながら装備を弄るのが楽しかったです。
このあたりの感触は、体験版でも十分に楽しむことができるので、気になる方はプレイしてみてください。
※ 体験版から製品へのセーブ引き継ぎも可能とのこと

販売サイト

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。