レイプ!レイプ!レイプ!

レイプ!レイプ!レイプ!

わるきゅ〜れ様より、鬼畜レイプADV「レイプ!レイプ!レイプ!」をご紹介します。

鬼畜レイプストーリー

レイプ!レイプ!レイプ! 主人公「水原拓海」は、クラスのマドンナ「春瀬綾香」に恋焦がれていた。

ある日、突然彼女から呼び出された拓海は、期待を胸に放課後の屋上へと向かう。
しかし、そこで告げられたのは、幼なじみ「天宮ゆりね」からの愛の告白――いわゆる、恋の橋渡しだった。

レイプ!レイプ!レイプ! 戸惑いと落胆。傷つけられた拓海の心は、次第に歪み、狂い、彼を凶行へと走らせる。

覆面とバタフライナイフ片手に、ゆりねをレイプした拓海は、続けて綾香をもレイプ。

レイプで感じた高揚感は、更に彼を歪ませ、その魔手は手当たり次第に広がっていく。

総勢18名のヒロイン

レイプ!レイプ!レイプ! 本作は「ひたすら身勝手に女性キャラをレイプして弄ぶ」全編抜き特化の凌辱ADVです。

1プレイ5回の行動で、狙った女をレイプ! とった行動により、エンディング分岐します。

古い作品ですが、今でも見劣りしないイラスト・ボイスのクオリティは必見です。

レイプ!レイプ!レイプ! 登場キャラは総勢18名とボリュームたっぷり。熟女や妊婦などもいますが、絵柄的にも学生・ロリ系の比率が高めです。

ヒロインの反応もバリエーション豊かで、背景や性格に合わせたシナリオが展開されます。

ただ、レイプされたキャラは、最終的に壊れて順応する傾向にあり、生粋の鬼畜者にとっては不満点となるかもしれません。

あとがき

わざきた氏原画の肉感溢れるイラストが魅力の一本。凄惨なシナリオと非常によくマッチしていると思います。
今回の作品とメーカーは違いますが、灰被り姫の憂鬱というアダルト作品から氏の事を知り、このゲームの購入につながりました。

ゲームシステム的に難点を挙げるなら、5回の選択でエンドが分岐するゲームなので、ノーヒントだと思うように新しいエンドや、シナリオに辿り着けません。
煩わしい方は、ゲーム付属のヒントやネット攻略を見るのも良いでしょう。

基本的には救いのない話ですが、ほんの一部だけ救いのあるエンディングも存在するので、気になった方は最後までプレイしてみてください。

寄稿者:津久島にげる


この度は、津久島にげるさんにゲームの紹介記事を寄稿していただきました。
更新頻度向上を目指した、初の試みですが、上手くいくかはまだ手探りです。
私も少し校正(?)させていただいたので、私っぽい言い回しも出ているかもですが、いつもと違った作品紹介を楽しんでいただければ幸いです。

それはそうと「灰被り姫の憂鬱」の世界観とかレズゲーな感じ、気になりますね。

販売サイト

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. 寄稿システムとっても素敵ですね(・ワ・)
    より多くのKEN☆ZENな視点が拝めてありがたいのです!

    本作は本当におもむき無しなレ〇プの連続で、
    がっつりKEN☆ZENなのがタイトルからも伝わってきます。
    当時はテッシュ以外で選択肢にも意識を払うなんて思ってもry

    私も「灰被り姫の憂鬱」がとっても気になります(・ω・)
    気になるついでに早速購入してみたので、
    なるべく前情報を入れずにこの新鮮な衝動を楽しみたいです!

    まったく関係ないのですが最近クーポンがよくもらえるので、
    KEN☆ZEN積みゲーなるものが増えてしまいました・・・
    その分楽しみは無限大なので120%嬉しい気持ちです(・ワ・)

    お仕事や創作の活力になる要素が多い日々に感謝です(・x・)

    いつもコメントありがとうございます。
    古い友人が手が空くということで、お試しで寄稿をお願いしてみました。

    アニメ化もされて、知名度のあるタイトルかと思いますが、昨今の選択肢がほぼないADVに比べて、攻略難度は高かったみたいですね。(後に、公式からヒントが付属するようになったみたいですが)

    「灰被り姫の憂鬱」は私も気になったので、遊ぶことががあれば、紹介したりしなかったりするかもですね。

    クーポンはたしかに増えてきていますね。
    公式の同人向けはあまり頑張ってくれないんですが、特定メーカーやサークルさんと連携してるのには、かなりお得な場合も多いですね。
    最近ですと、キルタイム祭りの90%OFFクーポンは、お得度も高くてすごく良かったんじゃないかと思います。

  2. 寄稿システムとっても素敵ですね(・ワ・)
    より多くのKEN☆ZENな視点が拝めてありがたいのです!

    本作は本当におもむき無しなレ〇プの連続で、
    がっつりKEN☆ZENなのがタイトルからも伝わってきます。
    当時はテッシュ以外で選択肢にも意識を払うなんて思ってもry

    私も「灰被り姫の憂鬱」がとっても気になります(・ω・)
    気になるついでに早速購入してみたので、
    なるべく前情報を入れずにこの新鮮な衝動を楽しみたいです!

    まったく関係ないのですが最近クーポンがよくもらえるので、
    KEN☆ZEN積みゲーなるものが増えてしまいました・・・
    その分楽しみは無限大なので120%嬉しい気持ちです(・ワ・)

    お仕事や創作の活力になる要素が多い日々に感謝です(・x・)