巫女カンナ脳筋退魔記 脳筋巫女さんによるドットベルトスクロールアクション

まるるソフト様より、軽快なドットアクションが魅力の作品巫女カンナ脳筋退魔記をご紹介。
本作は麓の村の異変解決へとのりだした、脳筋巫女カンナの活躍を描いたベルトスクロールアクションゲーム作品です。

脳筋な巫女さんカンナはほとんど殴る蹴るで敵を薙ぎ倒すのに対して、敵は通常攻撃の他に、当然のようにエッチな攻撃を仕掛けてきます。また、敵の攻撃によって衣服は徐々に破損し、脱衣が進むほどより過激なエッチ攻撃をされるようになってしまいます。
体験版では本編ステージ1と一定人数の敵を倒しきる時間を競う「組み手」が遊べるほか、各種アニメを鑑賞できる「ギャラリー」を確認することができます。

体験版では村人はセクハラだけ?

一見して体験版中では、ボス敵以外すべてセクハラ止まりのように思える本作ですが、脱衣3段階目以降であれば村人も容赦なく挿入してきます。
ただし、脱衣が進むということはHPが減少するということでもあるので、普通に遊んでいると脱げる前にゲームオーバーになってしまいます。
そこで体験版中で脱衣を進めるには以下のような工夫が必要になってきます。

1.つかみ攻撃では脱衣が進まないので、なるべく打撃を貰うようにする
2.大体固定位置で出てくる回復アイテムを無駄にしないようにする
3.後述する「お祓い」によって残機をなるべく増やす
4.「お祓い」に必要な特殊技のゲージは時間と共に増えるので
  敵が出ないタイミングで最大近くまで増やしておく

これらを駆使すれば、完全に剥いてしまうことも一応可能でした。
製品では脱衣段階を変更することができるようですので、そのあたりの苦労はないかと思いますが、容易に見れない体験版で頑張って見るというのも一つの楽しみ方かもしれませんね。

「お祓い」の効果はなに?

一見わかりにく効果の「お祓い」は敵を倒した後、消滅するまでの間に近くで使用するアクションです。成功すると効果音と共に残機下にあるゲージが上昇、最大まで溜まると残機が1つ増えます。

比較的シンプルなアクションゲームながら、ステップキャンセルを駆使すると軽快な立ち回りができるのも楽しく、先に挙げた脱衣段階を拝むために何週もしてしまいました。
また、敵のつかみ始動に別の敵の攻撃がヒットするなど、囲まれてボコボコにされちゃう感じも好きな人は魅力になり得るでしょうか。個人的にはHな攻撃がフレーバーだけに終わらず、特殊技に必要なゲージと最大HPを削ってくる点も嬉しいポイントでした。

  1. >キーボードでオプション開いてキーコンフィグの[キーボード]の所を
    >⇔でパッド操作設定可能ですよ

    ああ、本当だ! これは気がつきませんでした;
    情報ありがとうございます。

  2. >ゲームパッドが全然動かず

    キーボードでオプション開いてキーコンフィグの[キーボード]の所を⇔でパッド操作設定可能ですよ

  3. 考える事は皆同じなんですね。
    思ったより沢山の方が同じ事をしていたみたいで驚きました。

    >ゲームパッドが全然動かず
    ゲームパッド向けのキーコンフィグはないようですので、デフォルトで動作しない場合はJoyToKeyなど入力変換ソフトを噛ませるのが良いかと思います。

    >特殊ゲージ回復まで放置したり逃げ回るのが結構面倒
    今のところ「体験版で脱衣させる」という特殊な遊び方を前提にしたお話なので、製品を普通に遊ぶ分には気にならないんじゃないでしょうか。
    ただもし、製品版の難易度が「お祓い」を駆使しなければならないほどシビアだった場合、面倒くさいとわかりつつもやらざるを得ないひび割れになるかもしれませんね。

    >ブログもHPも無いから要望等送れない
    コメント書き込みよりハードルは高いかと思いますが、readme記載のメールアドレスに体験版の感想や要望を伝えてみるのもいいかもしれませんね。

  4. やはり皆さん同じ事やってるんですね(^o^)
    最初お祓いシステムがよく分からなくて困ってたけど、消えるまでに何度でもお祓い出来るから残機結構増やせますな。
    特殊ゲージ回復まで放置したり逃げ回るのが結構面倒ですねぇ、製品版で改善されれば良いんだけど・・・

    ブログもHPも無いから要望等送れないのが辛い所です。

  5. 告知当日に試してみましたが、ゲームパッドが全然動かず…
    感じ方は人それぞれですが、操作性一つとっても、こだわりって大切ですよね。それがゲームそのものの価値に直結する物は、なお致命傷になりかねない…恐ろしいもんだ。

  6. 自分も昨日、新着予告作品からこの作品を見つけて脱がすのに四苦八苦してました。

    >囲まれてボコボコにされちゃう感じも好きな人は魅力になり得るでしょうか。
    >Hな攻撃がフレーバーだけに終わらず、特殊技に必要なゲージと最大HPを削ってくる点も嬉しいポイント
    本当にその通りですね・・・こういう細かいところでもエロACTには本当に重要な要素なんだなあと思います。
    しかし、エロの前には何時間でも溶けてしまいますね・・・一応ギャラリーは埋めたのにまだ何周と繰り返している自分がいます。

  7. いつもコメントありがとうございます。
    やっぱり、こういったできなさそうで、できそうなのを見るとチャレンジしたくなりますよね。
    もの作りでもそうですが、適度な制限は物事を面白くする良いスパイスになると感じます。

    私も製品版に手が伸びそうです。

  8. 体験版で同じく剥くために頑張ってました(・ω・)

    体験版といういろいろと制限がされた範囲内で、
    いかにしてリビドーを感じ取るか・・・
    毎度試されてる感じがします(・x・)

    そしてそのまま製品版に手が伸びる、
    いつもの流れです。

Comment Form