異次元屋敷怪異録

異次元屋敷怪異録

Sprite Hills様よりHな仕掛けだらけの屋敷を舞台にした謎解きADV「異次元屋敷怪異録」をご紹介します。

もくじ

大きなドットアニメが魅力

山中で遭難してしまった少女・紗枝は一軒の古びた屋敷にたどり着く。助けをもとめ屋敷を探索する紗枝だったが――という導入ではじまる本作。

まず目を惹くのは、全編大きめのドット絵で描かれることでしょうか。Hなシーンのみならず、普段からよく動くドットアニメが本作の大きな魅力です。

ゲームは館の謎解きを進めることで進行。謎解き難易度は「Hなゲームとしては難しめ、一般の謎解きゲームとしては簡単」と言った加減でしょうか。

本作は後半にかけてHなシーンが多くなるので「Hなシーンを手軽に沢山見たい!」という方には、ゲーム性が合致しない可能性が高くなりそうです。

ゲーム進行で発生するHイベント

謎を解き探索を進めていくと、屋敷に仕掛けられたHな罠が牙を剥きはじめ。やがて、それはどんどんエスカレートして過激になって行きます。

Hな罠はゲーム進行で発生。即死罠みたいなものはなくゲームオーバーの心配はありません。そのため、セーブして備える必要はなく気楽に遊べます。

プレイ時間は攻略を見ずに迷いながらプレイして2時間ほど。

ゲーム付属のテキストには主要な攻略が載っていますので、そちらを見ながら遊べばもっと素早くクリアできそうです。

ゲーム攻略後に追加されるアフターストーリーでは、紗枝の友達も巻き込まれて……♡♡♡

あとがき

「普通のRPGでもたまにハマる(進行できなくなることの意)のに、謎解きゲームとかもっとヒドイことになる!」とも思ってたんですが、本作では序盤以外はそんなに詰まることもなく遊ぶことができました。

「キーアイテムが強調表示されない」とか「《なにかをする》ために《なにかをできない》フラグを立てる必要がある」などハマりやすい要素はちらほらありますが、謎解きゲームや脱出ゲームではよくあるので、そういった要素を受け入れられるかが、本作を楽しむ上での分水嶺となりそうです。

また、本作のドットアニメが気に入った方であれば、同サークル様の茜町物怪録シリーズもオススメです。こちらは謎解きメインではなく、探索が中心となっていますので、もっと手軽にHシーン楽しみたい方にも合いそうです。


記事を書いていて思い出したのですが、密室のサクリファイスという脱出ゲームに大層苦しめられた想い出があります。
「苦しめられた≒楽しんだ」とも言えるのですが、女の子とお話につられて買ったものの、一か月かけてもクリアできず、最後は攻略サイトに頼りました。

後半は「これ自力で解けた人いるの?」という感じだったので、高難易度の脱出ゲームが好きな方とか、女の子同士が終始ギスギスしてたり、しまいには○し合いになる鬱展開が大好きな人にオススメです。(ちゃんと大団円?もあります)


販売サイト

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. このゲーム本当に好きのすこでした(・ω・)
    結構がっつりやった記憶があるのですが、
    悲しいことに意外と内容を忘れてしまっているおじさんです。

    久しぶりに起動してみたのですが、
    謎解き+KEN☆ZENはやはりいいものですね(・x・)
    再プレイの私もしっかりハマってしまいました。

    茜町物怪録シリーズも最の高ですよね(・ワ・)
    やはり私はドットの魅力の惹かれてしまうようです。

    密室のサクリファイスは私もおにゃの子につられて・・・
    いや、ゲーム性のすばらしさに惹かれて買いました!
    有名なランスシリーズ同様こちらも攻略に頼ってしまったんですが(・ω・)

    謎解き系はKEN☆ZENだけでなく単純に面白いゲームが多いので、
    時間泥棒の被害にあってしまうのが玉に瑕ですが、
    それでもまったく後悔しないのが不思議なものです(・x・)

    私もさすがに忘れては……と思いながら過去の作品を遊ぶと新鮮な気持ちで遊べることがありますね。ある意味お得な話なんですが、紹介記事を書く上では困りそうです。
    私もこちらのサークルさんは茜町物怪録シリーズからで、本作もサークルさん買いでしたが、なぜか長らく遊んでおらずようやっと開封と相成りました。

    密室のサクリファイスはお話も興味深いので、攻略を見てもADVとしても十分に楽しめますね。
    選ぶエピソード順でストーリーが変化、全てのエンディングを見ることで……というタイプなので、その組み合わせ分謎解きも用意されており、確かにまともに解いていると時間泥棒になるかもですね。

  2. このゲーム本当に好きのすこでした(・ω・)
    結構がっつりやった記憶があるのですが、
    悲しいことに意外と内容を忘れてしまっているおじさんです。

    久しぶりに起動してみたのですが、
    謎解き+KEN☆ZENはやはりいいものですね(・x・)
    再プレイの私もしっかりハマってしまいました。

    茜町物怪録シリーズも最の高ですよね(・ワ・)
    やはり私はドットの魅力の惹かれてしまうようです。

    密室のサクリファイスは私もおにゃの子につられて・・・
    いや、ゲーム性のすばらしさに惹かれて買いました!
    有名なランスシリーズ同様こちらも攻略に頼ってしまったんですが(・ω・)

    謎解き系はKEN☆ZENだけでなく単純に面白いゲームが多いので、
    時間泥棒の被害にあってしまうのが玉に瑕ですが、
    それでもまったく後悔しないのが不思議なものです(・x・)