サキュバスネスト DMM GAMES 遊び放題で配信開始!

DMM GAMES 遊び放題

DMM GAMES 遊び放題にてサキュバスネストが配信開始されました!
こちらのバージョンにはソースコードが付属しないため「月額サービス版」として区別した名前になっています。

――という告知だけなんですが、それだけでは寂しいので「DMM GAMES 遊び放題」についてもう少し詳しく紹介してみたいと思います。

DMM GAMES 遊び放題とは?

DMM GAMES 遊び放題とは、配信されているPCゲームが定額で遊び放題なサービスです。料金は一般ゲームなら一月980円、R18も含めると2,980円となります。

980円プラン 2,980円プラン
月額 980円 2,980円
R18作品 ×

一般向けタイトルはまだまだメジャーどころの数が少ない印象ですが、R18の方は商業作品を中心にかなりの数が揃っている印象です。

そのため、ADVジャンルが大多数でプレイ時間が長くなりがちですが、フルプライスならセール価格などを考慮しても月1本も遊べば元は取れそうです。ただ、サービスを辞めたらプレイできなくなってしまうので「あとから何度もプレイしたい!」という人には合わないサービスだと思います。

プレイにはDMM GAME PLAYERが必要

ゲームプレイには専用のアプリケーションDMM GAME PLAYERのインストールが必要です。後述する解約処理でもこのアプリケーションが必要となります。

また、ゲームの詳細情報もこのアプリケーションからしか閲覧できなかったりします。Web上にも作品ページがないので、誰かに紹介することもできませんし、この辺りはもう少し便利になると嬉しいですね。

無料体験と注意点

初回のみ無料体験をすることができ、通常は7日間、現在はキャンペーンで14日間無料でサービスを体験することができます。

 無料体験終了時には契約が自動更新されます ので、続ける気がない場合は解約を忘れないよう注意してください。

解約方法について

おそらく大多数の人が解約方法で迷うと思うので、手順を記載しておきます。

1.DMM GAME PLAYERを起動
2.右上の「アカウント」→「お客様情報を確認する」
3.「サービス利用情報」→「解約」
4.「解約手続きを続ける方はこちら」→ 「解約」

一度解約確認が入るので、二回解約を押すことになります。無料体験では解約時点で遊べなくなってしまうので、早めに解約しておくということはできませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. 未だにたまにサキュバスネスト遊んでます
    これを機に作品の良さを知ってくれる人が増えるといいなあ

    ありがとうございます。
    発売から大分経っても、たまに起動する作品ってありますよね。そんな一つになれているのなら、作り手冥利に尽きる思いです。

    遊び放題はおそらく商業ゲーム目当てで遊ばれる方が多いと思うので、これまで興味のなかった方に、なんとなくでも遊んで貰えるいい機会かもしれませんね。

  2. 未だにたまにサキュバスネスト遊んでます
    これを機に作品の良さを知ってくれる人が増えるといいなあ

  3. 解約に関しては多くの人がその方法を、
    つい調べてしまう仕様ですよね(・x・)

    邪な気持ちメインでこっそり利用させてもらっているので、
    早速またあの素晴らしい島へ旅立ちたいと思います。

    Playerに関しては私ももう少しコミュ的な
    同志との繋がりがあるといいなぁと同人的に思います(・ω・)

    私自身は作品をPlayerの方に出していないので、
    個人で何か出せる際は利用してみたいなと、
    そんな閉鎖的な環境への好奇心と魅力は感じます。

    アプリからしか解約できないのは盲点で、私もネットで情報検索しちゃいましたね。
    この手のサービスで、解約しづらいのは一般的になっているのでまあ仕方ない感はあるんですけれど。

    ソシャゲ周りではコミュニティがあるので、PCゲーム周りであっても面白かもしれませんね。
    DMM GAME PLAYER の目指す方向は、Steamとかだと思いますので、今後コミュニティ要素が増してくる可能性は十分あるかも?

  4. 解約に関しては多くの人がその方法を、
    つい調べてしまう仕様ですよね(・x・)

    邪な気持ちメインでこっそり利用させてもらっているので、
    早速またあの素晴らしい島へ旅立ちたいと思います。

    Playerに関しては私ももう少しコミュ的な
    同志との繋がりがあるといいなぁと同人的に思います(・ω・)

    私自身は作品をPlayerの方に出していないので、
    個人で何か出せる際は利用してみたいなと、
    そんな閉鎖的な環境への好奇心と魅力は感じます。