戦闘中に拘束、陵辱、監禁までされちゃうヒロピンRPG 風紀剣士アサギ紹介

アーリマン様より新作RPG「風紀剣士アサギ」が発売されましたので改めてご紹介します。
本作は風紀剣士アサギとなって、盗賊に攫われた村人達を救い出すため盗賊のアジトへと挑むRPG作品です。

助けた冒険者の話では、盗賊のボスは魔術師崩れで怪しげな魔術で女の抵抗力を奪い性感帯を敏感にされてしまうと言います。この「抵抗力」はゲーム中にパラメータとして存在しており、「セクハラ攻撃」によって減少、抵抗力が一定値以下になることで衣服が破損、肢体を弄り回されることでの欲情、果ては全裸に剥かれ、戦闘中にそのまま陵辱されてしまいます。

そして、通常攻撃や陵辱などによってHPが0となると、監禁されパーティーからいなくなってしまいます。当然、味方が減れば苦戦を強いられる事となりますが、監禁されたキャラクターは牢屋や調教部屋などから救い出す事で再び合流する事ができます。
しかし、付けられた首輪やHな衣装、卑猥ならくがきなど調教の痕跡は消えないまま残り続け、それらはイベントシーンなどにもしっかりと反映されるため、シリアスな場面で酷い格好という自体も稀によくあります。一部では格好や状況に応じて台詞が変化したりと、随所で細かな作りこみがある点も本作の魅力の一つでしょうか。
(ちなみに、商人に服を交換して貰う事で、格好を元に戻す事ができます)

ゲーム中での敵シンボルやアイテム等は概ね限りがあり、無制限のレベリングなどが抑制されているため、戦闘難易度は比較的シビアな調整と言えるかもしれません。ですが、実質的に延々とお金が稼げる仕組み等、随所で完全に詰んでしまわないよう工夫されているように感じましたので、それほど構える必要もないと思います。
この辺り遊ぶ方によって好みの分かれるところかもしれませんが、ヒロピンシチュエーションが好きな方には特にオススメできる作品です。

Comment Form