CardQuest2 妖怪バスター・アカネ 負ければ丸呑みなカード選択型ダンジョンRPG紹介

D-Gate様より発売されています、丸呑み中心のカード選択型ダンジョンRPG「CardQuest2 妖怪バスター・アカネ」をご紹介します。
本作は風来の剣客・アカネとなって、カードで構成されたダンジョンを探索し「神隠し」事件の解決を目指すRPG作品です。

ダンジョンは1フロア毎に6枚のダンジョンカードで構成されていて、任意のカードを一枚捲ることで探索を進め、必ず1枚存在するモンスターカードを引くことで戦闘となり、勝利する事で次のフロアへと進行します。
一定フロアまで到達するとボス妖怪との戦闘となり、もしも敗北してしまうと生気を吸い尽くされ、生きたまま、丸呑みにされてしまいます。

難易度はカードの引きに依存する部分もありますが、運依存だけになり過ぎず、程よい敗北が発生したりしなかったりする丁度良いバランスという印象でしょうか。敗北した場合、再挑戦する事も現在の経験値やレベルを引き継いで拠点からやり直すことができるため、再挑戦しても勝てないような場合は拠点に戻って強化すれば、自然と難易度も丁度良くなってくるという感じですね。
また、戦闘に勝利してもボス敗北の回想は埋まりますので、その辺りを気にする必要は特にありません。

Hな趣向は基本的に、拘束、吸収、やや百合/レズ、丸呑み中心となっており、丸呑み後の触手陵辱中田氏みたいなのを期待しているとイメージと違ってくるかと思います。また、丸呑みは基本的に快楽系となっているかと思います。

体験版を遊んで趣向が合うと感じた方や、前作のCard Quest リディアの冒険がストライクな方にはオススメの作品です。

Comment Form