プロキラアト

プロキラアト

TAR様より、低価格で遊べる異種姦アクション「プロキラアト」をご紹介します。

もくじ

見下ろし型アクション

本作は剣による近接攻撃、「炎の魔法」での遠距離攻撃、敵弾を跳ね返す「鏡の魔法」を使い分けて攻略する、ステージクリア型のアクションゲームです。

魔法はそれぞれ一定量MP消費しますが、剣で攻撃することでMPが少し回復。リスクとリターンがコンパクトにまとめられています。

また「敵弾を跳ね返して宝箱を開ける」ちょっとしたギミックや、新しい服が手に入る「隠しルート」なども良いアクセントとなっています。

アニメする敗北H

HPが0になった際、とどめをさされた敵に応じた敗北Hが発生します。趣向は潔く異種姦オンリー。ごく軽度なリョナ表現も含みます。

主人公のユニテアちゃんは普段まったく喋らないですが、ボイス付きでパターンアニメする敗北Hは、低価格作品とは思えない臨場感です。


各ステージには、隠しルートが1つ存在し、そこには服が隠されています。

服にはそれぞれ便利な特殊能力があるほか、敗北H時の服装にも反映されます。

能力重視で選んでも良いですし、好みの服で攻略するのも良いでしょう。

服……というか全裸で攻略することもできますが、オワタ式になるので、クリアするのは困難を極めそうです。

現状はCG鑑賞の解放が大変

本作にはアーケードゲームのような「スコア」という概念があります。

敵の撃破、ボスを剣で攻撃、オブジェクト破壊でスコアアップ。被ダメージや回復アイテム取得でスコアダウン。

当然、リトライすればスコアは無慈悲に0にリセットされてしまいます。

このスコアは「やり込み用のエンドコンテンツ」というだけでなく「CG鑑賞」の解放条件にもなっています。ステージごとに「TARGET SCORE」という目標値を達成する必要があり、全ステージ達成で「嬉しいおまけ」も追加されます。

ただ、現時点では設定値はかなりシビア。アクションが苦手な人には厳しいハードルになりそうです。この問題点はサークルさんもすでに認識されているようで、現在、難易度の見直しが行われているようです。
※ スクリーンショットは絶妙にスコアが足りなかった悲しみの図

 バージョンアップで難易度選択が追加されました。
救済用の難易度「イージー」ではクリアさえすれば「おまけ」も解放されるので、難易度で躊躇していた人も安心してプレイできそうです。 

あとがき

本作はRPGツクールの仕組みを使ったアクションと言うこともあり「爽快アクション」という趣向ではありませんが、敵を誘き出して各個撃破したりと、慎重なプレイングは私の性に合っていました。

ステージ後半では、そういったプレイヤーの動きを崩す敵も現れ、一辺倒の攻略法に終始しないのも良いところでした。1ステージあたりのプレイ時間は短めなので、時間はないけど少し遊びたい人にも最適でしょう。

また、前作テレリトリアも7月1日まで今なら50%OFFとなっているので、今作が気にいった方はチェックしてみると良いでしょう。


販売サイト

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. 旧作の質問になってしまうのですがSuccubusNestsのキャラクターを全裸にファイルの修正で変更って可能ですか?
    可能だったらやり方を教えてもらえると幸いです。

    ネストはプリレンダリング画像を使った作品なので、設定変更等では不可能ですね。画像自体の差し替えはできるので、厳密にはできますが……それはもうユーザーレベルの作業じゃないので割愛します。

  2. 旧作の質問になってしまうのですがSuccubusNestsのキャラクターを全裸にファイルの修正で変更って可能ですか?
    可能だったらやり方を教えてもらえると幸いです。

  3. 低価格ジャンルは気軽に手にすることができますし、
    内容も価格以上に素晴らしくて本当にお世話になっております(・x・)

    本作の誘い出しつつ確実に敵を倒していくアクションは、
    一騎当千サクサク爽快アクションとは違った趣がありますよね。

    コツコツ敵を倒していく感じから、
    昔プレイしたシティガーディアンズというゲームを思い出しました。
    趣向などは全く違うのですがあの作品もコツコツ敵を倒して、
    地道にレベルを上げていったそんな記憶があります(・ω・)

    正直、作品内容に比して、お値段が控えめ過ぎる作品ですよね。惜しむらくは、今現在のDLsiteさんだと低価格作品が、ランキングに乗りづらい仕組みになってしまっていることでしょうか。

    本作はスコアの仕様もあって、慎重寄りのプレイになるイメージでしたね。レビュアーさんの中には「爽快感がある」と書いている方もいるので、個々のプレイスタイルによっては違うのかもですが。

    シティガーディアンズも良い作品でしたね。
    あの作品は選択するキャラやステージによって、戦い方が変わるイメージでしょうか。回復アイテムやペットなどが充実していない序盤は、慎重に敵を倒してお給料を稼いでいたように思います。

  4. 低価格ジャンルは気軽に手にすることができますし、
    内容も価格以上に素晴らしくて本当にお世話になっております(・x・)

    本作の誘い出しつつ確実に敵を倒していくアクションは、
    一騎当千サクサク爽快アクションとは違った趣がありますよね。

    コツコツ敵を倒していく感じから、
    昔プレイしたシティガーディアンズというゲームを思い出しました。
    趣向などは全く違うのですがあの作品もコツコツ敵を倒して、
    地道にレベルを上げていったそんな記憶があります(・ω・)