天制覇外伝 ベロニカナイン

天制覇外伝 ベロニカナイン

May様より、陸の海賊となってヒャッハーするSLG「天制覇外伝 ベロニカナイン」をご紹介します。

もくじ

あらすじ

闇薬剤師の仕事が儲からなくなり、飲んだくれてフラフラしていた主人公ユーロ。

そんな時、女海賊ベロニカナイン(ミランダ)に誘われ海賊となる。若頭として迎えられたユーロだが、ベロニカとの海賊生活も長くは続かなかった。

親殺しの罪でセキハタから追われるベロニカは、追手との戦いの最中、谷へと転落。機体を残し行方不明となってしまう。

ユーロは手下達をまとめ上げ、行方知れずのベロニカの捜索をはじめるが、次第に各勢力との抗争へと巻き込まれていく。

※ このストーリーはシナリオに沿って進行するロールプレイングモード(RPM)での話。シミュレーションモード(SLM)では気ままな海賊生活が楽しめる。

海賊稼業が楽しいSLG

本作は海賊となって、手下を集め、金を稼ぎ、軍備を拡張していくシミュレーションゲーム。

荷運びやアルバイトなどの真っ当な仕事から、売春宿の経営、銀行強盗、村落で略奪、輸送部隊を襲撃なども可能。
当然、ヤクザな仕事の方が儲かるが、対象勢力との関係悪化などのデメリットもある。


また、登場する女性キャラの多くは「口説く」ことでH可能。

手下の女の子はもちろん、大枚はたいて買った奴隷、攫ってきた村娘、妹だって見境なし。

一定確率で捕虜を取れる仕組みも相まって「敵軍のあの娘が欲しい」という目標も出てくる。

また、Hにもゲーム的メリットが用意されており、女性キャラは10回、主人公なら30回で覚醒。特殊な能力を一つ習得できる。

手ごわい難易度


本作は同サークルの天制覇雷神7に比べればシンプルで取っつきやすい作品だが、バランス調整としてはシビア寄り。

イベントでくれる最新鋭機も普通に爆散してなくなるし、エースパイロットも撃墜されて捕縛、そのまま帰ってこないこともある。

とくに本作独自の仕様を理解していないと、手下集めの段階で躓くかもしれない。そのあたり、大体マニュアルで補足されているが、これは知っておいた方が良いというポイントだけ書いておこうと思う。

在野の手下は他勢力にも登用される

酒場で仲間にできる手下は、時間経過で他勢力に登用されてしまう。
そのため、最初の都市に引き籠ってニート海賊していると、序盤がキツくなる。

酒場は複数回訪れる方が良い

酒場で「なにもない」と言われることがあるが、何度か訪れると実際にはある場合がある。ユーロの行動を消費せず何度でも試せるので、特に序盤で仲間を集める場合に有用。

移動指定後にユーロが行動済みにならない

これを利用すれば1ターンで2回行動が可能になる。
ユーロが必要な行動は沢山あるので、ぜひ活用したい。

パラメータは命中が大事

機動の高いGW相手には命中の低い攻撃は当てづらい。
攻撃力に囚われて装備を選ぶと、産廃と化す。

セーブは要所で分けておく

イベントでは敵部隊の襲撃や、村落/都市が滅びることがある。
うっかり詰む可能性もあるため、要所でセーブデータは取っておきたい。

アルバイトなど複数選択する場合、ドラッグで楽に選択できる

マウスクリックでポチポチしなくても、一気に選択できる。便利。

あとがき

今回は最近再プレイした「天制覇外伝 ベロニカナイン」をご紹介しました。
チクチクお金を稼いで自軍を強化していく楽しみがある作品なので、Mount & BladeKenshiなんかが好きな人はハマる素養があるかもしれません。
ツボを抑えたGWも多数登場するので、メカ好きにも良いでしょう。

最新バージョンでは難しさの一因だった「200ターンの壁」が撤廃。
発売当初より遊びやすくなっているのではないかと思います。
ただ、ストーリー展開上詰みやすいポイントがあるため、複数セーブ推奨です。

本文中では触れませんでしたが、外伝というだけあって、本作は雷神シリーズの背景設定が下敷きとなっています。正史と違う展開を見せるのでIFっぽいですが。
もちろん、知らなくても本作を楽しむことができますが、共通する登場キャラもいるので、知っているとより楽しめるかと思います。


販売サイト

公式サイト

May

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  1. May提督の作品はどれもシミュ大好き私にぶっ刺さりです(・ワ・)
    ベロニカナインにもかなり時間を吸われましたが、
    特に時間を持っていかれたのは雷神Ⅶでした・・・!
    私のMay提督作品の総プレイ時間は
    きっととんでもないことになってます(・x・)

    Mount&Bladeシリーズも大好きなので、
    本作もやはり好きになるべくしてなった気がします(・ω・)
    Mount&Bladeシリーズにも膨大な時間を吸われているので、
    May提督の新作とMount&Bladeの新作が同時に出ると、
    1日48時間でもきっと足りなくなりますね・・・。

    SLGは大体時間を吸っちゃいがちですよね。
    雷神7は委任型の内政など、作業量を簡略化してくれる仕組みが秀逸でしたが、それでも(それ故に?)辞め時を見誤って膨大なプレイ時間になったりします。

    Mount & Blade 2 は本当にリリースされるの? と思い続けて幾数年~という感じでしたが、2020年3月にはβテストが予定されているので、上手くすれば来年には遊べるかもです。雷神8も来年発売されてもおかしくはないので、一日48時間必要になるという事もあり得るかもですねw

    同人SLGで自由度凄く高いシリーズですよね
    自分で改造もできるしModも盛んでしたし…
    雷神8の発表が待ち遠しい

    コメントありがとうございます。
    そうですね。データをまるっと外に出してくれている事もあって、MOD文化が盛んでしたね。
    雷神8は着々と開発進行中なので、今から楽しみですね。

  2. 同人SLGで自由度凄く高いシリーズですよね
    自分で改造もできるしModも盛んでしたし…
    雷神8の発表が待ち遠しい

  3. May提督の作品はどれもシミュ大好き私にぶっ刺さりです(・ワ・)
    ベロニカナインにもかなり時間を吸われましたが、
    特に時間を持っていかれたのは雷神Ⅶでした・・・!
    私のMay提督作品の総プレイ時間は
    きっととんでもないことになってます(・x・)

    Mount&Bladeシリーズも大好きなので、
    本作もやはり好きになるべくしてなった気がします(・ω・)
    Mount&Bladeシリーズにも膨大な時間を吸われているので、
    May提督の新作とMount&Bladeの新作が同時に出ると、
    1日48時間でもきっと足りなくなりますね・・・。