機核覚醒~ジレレンと深紅迷宮~

機核覚醒~ジレレンと深紅迷宮~

セルレ部様より「機核覚醒」によって意思をもったロボットの女の子を主役にした、探索型アクション「機核覚醒~ジレレンと深紅迷宮~」をご紹介します。

ひょんなことから魔獣調査隊に協力することになった「ジレレン」は、「小雪精(シャオシュエチーン)」と協力して古代魔獣の遺跡「深紅の迷宮」へと挑むことになりますが――という感じはじまる本作ですが、主人公のジレレンがあまり物事を深く考えてなさそうなので、本人の目的意識とかとは別に、他のキャラによって徐々に遺跡調査のバックボーンなども語られていきます。

二人で協力して探索

探索中自由に二人を切り替えることができます。

ジレレンは魔法を使った遠距離攻撃、小雪精は大型ハンマーでの近接攻撃など、異なる特性を活かして遺跡の探索を進めていくことになります。

切り替え方式ですが、アシストとして一時的に援護してもらうことも。

その他、ジレレンは「物を押す特性」や「属性魔法」、小雪精は一部アイテムなどを謎解きに使用するので、詰まったら色々試してみると道が開けるかも?

味方を助けるはずが……

魔獣に攻撃されると汚染され、一定値を超えるとH攻撃を受けることがあります。

H攻撃を受けると侵食が進み、侵食度がHP上限を超えると戦闘不能になってしまいます。

拘束から自力で脱出することもできますが、仲間に切り替えて素早く助けることもできます。

他の敵も健在なので、下手をするとミイラ取りがミイラに……なんてことにもなりかねませんが。

あえなく、二人と戦闘不能になってしまうとゲームオーバー。

リアルタイムアニメとは別に、ゲームオーバー後にはCG+テキストでの陵辱イベントがあり、ボス戦専用の陵辱イベントも用意されています。


今回は久しぶりに予告作品をご紹介しました。
琴線に触れたのはやはり、アシストで一時的に呼び出した仲間も容赦なくH攻撃の標的にされてしまったり、拘束されたキャラを別の仲間で助けられる仕組みなどでしょうか。複数人パーティーとか好きなんですよね。

本文中で説明できていませんでしたが、本作は機核覚醒というシリーズ作品です。今作は前作以降のお話として描かれているので、さらっと前作キャラが登場したりもします。(主人公2人も前作のキャラです)
ただ、ストーリーに直接的な繋がりはなさそうなので、最低限、ヒロイン二人が機核覚醒で意志をもったロボットだと知っていれば、本作から入ってもとくに問題はなさそうです。

もちろん、知っておいて損はないので、前作機核覚醒~六欲姫ユーカ~や、前々作機核覚醒~機工姫ルース~を遊んで作品背景への理解を深めておくというのも面白いかもしれません。


攻略に役立つ小ネタ集(ネタバレ?注意)
1.雑魚敵の行動は、敵の頭を踏む or 小雪精の空中攻撃でリセットできる。
  そのため、小雪精の地上コンボは最後まで出さず、空中攻撃を織り交ぜる方が安全に戦える。

2.敵の頭を踏みながら攻撃すると、高速で空中攻撃を繰り出せるので雑魚を短時間でハメ殺せる。

3.三角飛びの瞬間、移動キーをニュートラルに戻し、再度壁側に倒すことで垂直の壁を登れる。

4.3を使って体験版範囲でいけないと思われる場所に到達すると、
  暗転したままどこにも行けなくなる。(メニューから拠点には帰れる)


販売サイト

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。