セックスしないと脱出できないダンジョン

セックスしないと脱出できないダンジョン

ふたる亭様より、明るく軽いノリの和姦百合オンリーのダンジョンRPG「セックスしないと脱出できないダンジョン」をご紹介します。

明るく軽いノリのストーリー

セックスしないと脱出できないダンジョン本作は、冒険者アシュリーと魔法使いサーニャの二人が「セックスしないと脱出できないダンジョン」からの脱出を目指す3DダンジョンHRPG。

タイトル絵からは、シリアスな印象も受けるが、実際は全編に渡って明るく軽いノリ。ゲーム進行に合わせて、イチャイチャしながら脱出を目指す。

ライトなダンジョンRPG

セックスしないと脱出できないダンジョン本作のゲーム部分は3DダンジョンRPG。
自動生成された階層を探索して行き、ダンジョン深部の「性なる扉」へとたどり着こう。

DRPG特有の意地悪・理不尽な要素は控えめだが、各ダメージ量は若干シビア。序盤は、打たれ弱いサーニャだと、2発で戦闘不能に陥ることもある。

セックスしないと脱出できないダンジョン宝箱からはランダムなアイテムを入手。レア装備を求めてトレハンに勤しむこともできる。

また、各キャラ毎に「スキルツリー」も備え、自分好みキャラ育成が可能となっている。

手に入れた装備と合わせて、全体のビルドを考えて行くのも、本作の醍醐味だろう。

登場人物全員女の子

セックスしないと脱出できないダンジョン本作の登場人物は全て女の子。Hシーンもほぼレズプレイしかなく、全て和姦。

絡みは基本、主人公のアシュリーとサーニャの二人。サブキャラも僅かにある。
ハートマークが沢山出るような、快楽指向の強いシーンが多く、シーンの尺も同人Hゲームとしては長めに取られている。

セックスしないと脱出できないダンジョンしかし、 Hシーンの約半数は「ふたなり」 なので、苦手な人は注意が必要。

シーン数は全12シーンだが、CGを使いまわしたミニシーンがさらに10個ほど。

プレイ感覚としては、比較的短いスパンで新しいHシーンを見ているように思えた。

あとがき

前作、黙契の森から大きく作品雰囲気を変えてこられた、ふたる亭さんの最新作をご紹介しました。
以前もそうでしたが、チュートリアルなども細かく作られており、遊びやすいライト向けダンジョンRPGという印象でした。お話も明るく軽いノリなので、殺伐とした作品が苦手な人にとっても遊びやすいかもしれません。

注意点として、 体験版からのデータ引き継ぎには対応していない ようです。
私がやってみた例では、体験版以降のフラグが立たなくなってしまったので、素直に新規プレイがオススメです。

販売サイト

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。